第106回看護国試

【2022年最新版】第106回看護師国家試験午後②

平成29年2月19日(日)に実施された第106回看護師国家試験

厚生労働省ホームページ(第103回保健師国家試験、第100回助産師国家試験、第106回看護師国家試験の問題および正答について)を参考に編集・作成

看護師国家試験 第106回の午後61~70

看護師国家試験 第106回午後

61)医療の標準化を目的に活用されているのはどれか

①コーピング

②クリニカルパス

③エンパワメント

④コンサルテーション

看護師国家試験 第106回午後

62)Aさん(27歳、男性)は、地震によって倒壊した。建物に下腿を挟まれていたが、2日後に救出された既往歴に特記すべきことはない。注意すべき状態はどれか

①尿崩症

②高カリウム血症

③低ミオグロビン血症

④代謝性アルカローシス

看護師国家試験 第106回午後

63)災害医療におけるトリアージについて正しいのはどれか

①傷病者を病名によって分類する

②危険区域と安全区域を分けることである

③医療資源の効率的な配分のために行われる

④救命が困難な患者に対する治療を優先する

看護師国家試験 第106回午後

64)国際保健に関する機関について正しいのはどれか

①国際協力機構〈JICA〉は国境なき医師団の派遣を行う

②国連開発計画〈UNDP〉は労働者の健康保護の勧告を行う

③世界保健機関〈WHO〉は国際疾病分類〈ICD〉を定めている

④赤十字国際委員会〈ICRC〉は国際連合〈UN〉の機関の1つである

看護師国家試験 第106回午後

65)女性の骨盤腔内器官について腹側から背側への配列で正しいのはどれか

①尿道—肛門管—腟

②腟—尿道—肛門管

③肛門管—腟—尿道

④尿道—腟—肛門管

⑤腟—肛門管—尿道

看護師国家試験 第106回午後

66) 公的年金制度について正しいのはどれか

①学生は申請によって納付が免除される

②生活保護を受けると支給が停止される

③保険料が主要財源である

④任意加入である

⑤積立方式である

看護師国家試験 第106回午後

67) 健康に影響を及ぼす生活環境とそれを規定している法律の組合せで正しいのはどれか

①上水道—水質汚濁防止法

②飲食店—食品衛生法

③家庭ごみ—悪臭防止法

④学校環境—教育基本法

⑤住宅用の建築材料—環境基本法

看護師国家試験 第106回午後

68) チェーンソーの使用によって生じるのはどれか

①じん肺

②視力低下

③心筋梗塞

④肘関節の拘縮

⑤Raynaud〈レイノー〉現象

看護師国家試験 第106回午後

69)Aさん(61歳、男性)は、水分が飲み込めないため入院した。高度の狭窄を伴う進行食道癌と診断され、中心静脈栄養が開始された。入院後1週、Aさんは口渇と全身倦怠感を訴えた意識は清明であり、バイタルサインは脈拍108/分、血圧98/70mmHgであった。尿量は1,600mL/日で、血液検査データは、アルブミン

③3.5g/dL、AST〈GOT〉45IU/L、ALT〈GPT〉40IU/L、クレアチニン1.1mg/dL、血糖190mg/dL、Hb11.0g/dLであった。Aさんの口渇と全身倦怠感の要因として最も考えられるのはどれか

①貧血

②低栄養

③高血糖

④腎機能障害

⑤肝機能障害

看護師国家試験 第106回午後

70)病的な老化を示すのはどれか

①肝臓の萎縮

②動脈の粥状硬化

③毛様体筋の機能低下

④心筋の弾性線維の減少

⑤膀胱の平滑筋の線維化

看護師国家試験 第106回の午後71~80

看護師国家試験 第106回午後

71)生後1か月の男児。ヒルシュスプルング病と診断され、生後6日、回腸部にストーマ造設術を行った。術後の経過は良好であり、退院に向けてストーマケアに関する指導を行うことになった。母親に対する指導として適切なのはどれか

①「面板をはがした部位はタオルで拭いてください」

②「ストーマ装具の交換は授乳直後に行ってください」

③「ストーマから水様の便が出る時は受診してください」

④「ストーマ装具の交換は滅菌手袋を装着して行ってください」

⑤「ストーマ装具は便を捨てる部分が体の外側に向くように貼ってください」

看護師国家試験 第106回午後

72)放射線療法に関わる看護師の健康管理に必要なのはどれか

①線量計を装着する

②ヨウ素剤を服用する

③ゴーグルを着用する

④N95マスクを着用する

⑤鉛を含んだエプロンを着用する

③⑤

看護師国家試験 第106回午後

73)ホメオスタシスに関与するのはどれか

①味蕾

②筋紡錘

③痛覚受容器

④浸透圧受容器

⑤中枢化学受容体

④⑤

看護師国家試験 第106回午後

74)眼球内での光の通路に関与するのはどれか

①強膜

②脈絡膜

③毛様体

④硝子体

⑤水晶体

④⑤

看護師国家試験 第106回午後

75)排便時の努責で正しいのはどれか

①直腸平滑筋は弛緩する

②呼息位で呼吸が止まる

③外肛門括約筋は収縮する

④内肛門括約筋は弛緩する

⑤腹腔内圧は安静時より低下する

②④

看護師国家試験 第106回午後

76)急性炎症と比較して慢性炎症に特徴的な所見はどれか

①好中球浸潤

②CRPの上昇

③リンパ球浸潤

④形質細胞の浸潤

⑤血管透過性の亢進

③④

看護師国家試験 第106回午後

77)狭心症の治療に用いる薬はどれか

①アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬

②スルホニル尿素薬

③ジギタリス製剤

④抗血小板薬

⑤硝酸薬

④⑤

看護師国家試験 第106回午後

78)出血傾向を把握するために重要なのはどれか

①血糖値

②血清鉄

③血小板数

④アルカリフォスファターゼ値

⑤活性化部分トロンボプラスチン時間〈APTT〉

③⑤

看護師国家試験 第106回午後

79)胃食道逆流症について正しいのはどれか

①食道の扁平上皮化生を起こす

②上部食道括約筋の弛緩によって生じる

③食道炎の程度と症状の強さが一致する

④プロトンポンプ阻害薬が第一選択の治療法である

⑤Barrett〈バレット〉上皮は腺癌の発生リスクが高い

④⑤

看護師国家試験 第106回午後

80)患者の自立支援で適切なのはどれか

①不足している知識を補う

②発病前の生活習慣を尊重する

③支援目標を看護師があらかじめ定める

④できないことに焦点を当てて行動を修正する

⑤支援者である看護師が上位の関係が望ましい

①②

看護師国家試験 第106回の午後81~90

看護師国家試験 第106回午後

81)腹圧性尿失禁のケアとして適切なのはどれか

①下腹部を保温する

②骨盤底筋群訓練を促す

③定期的な水分摂取を促す

④恥骨上部の圧迫を指導する

⑤尿意を感じたら早めにトイレへ行くことを促す

②⑤

看護師国家試験 第106回午後

82)手段的日常生活動作〈IADL〉はどれか

①食事

②洗濯

③入浴

④更衣

⑤買い物

②⑤

看護師国家試験 第106回午後

83)開放性損傷はどれか

①切創

②打撲傷

③擦過創

④皮下出血

⑤内臓損傷

①③

看護師国家試験 第106回午後

84)児童憲章について正しいのはどれか

①児童がよい環境の中で育てられることを定めている

②児童の権利に関する条約を受けて制定された

③児童が人として尊ばれることを定めている

④保護者の責務を定めている

⑤違反すると罰則規定がある

①③

看護師国家試験 第106回午後

85)急性中耳炎で内服薬による治療を受けた5歳の男児および保護者に対して、治癒後に行う生活指導で適切なのはどれか

①片側ずつ鼻をかむ

②耳垢は毎日除去する

③入浴時は耳栓を使用する

④大声を出させないようにする

⑤発熱時は耳漏の有無を確認する

①⑤

看護師国家試験 第106回午後

86)Aさん(50歳、女性)は、急に体が熱くなったり汗をかいたりし、夜は眠れなくなり疲れやすさを感じるようになった月経はこの1年間で2回あった。Aさんのホルモンで上昇しているのはどれか

①エストロゲン

②プロラクチン

③プロゲステロン

④黄体形成ホルモン〈LH〉

⑤卵胞刺激ホルモン〈FSH〉

④⑤

看護師国家試験 第106回午後

87)医療現場における暴力について正しいのはどれか

①精神科に特有のものである

②病室環境は誘因にならない

③目撃者は被害者に含まれない

④暴力予防プログラムに合わせて対処する

⑤発生を防止するためには組織的な体制の整備が重要である

④⑤

看護師国家試験 第106回午後

88)精神医療におけるピアサポーターの活動について正しいのはどれか

①訪問活動は禁止されている

②活動には専門家の同行が条件となる

③ピアサポーター自身の回復が促進される

④精神保健医療福祉サービスの利用を終了していることが条件となる

⑤自分の精神障害の経験を活かして同様の体験をしている人を支援する

③⑤

看護師国家試験 第106回午後

89)6%A消毒液を用いて、医療器材の消毒用の0.02%A消毒液を1,500mL作るために必要な6%A消毒液の量を求めよ。ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。解答:①. ② mL

①0123456789

②0123456789

①5②0

看護師国家試験 第106回午後

90)体重9.6kgの患児に、小児用輸液セットを用いて体重1kg当たり1日100mLの輸液を行う。このときの1分間の滴下数を求めよ。ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。解答:① ② 滴/分

①0123456789

②0123456789

①4②0

看護師国家試験 第106回の午後91~99

看護師国家試験 第106回午後

91) 次の文を読み91~93の問いに答えよ。Aさん(82歳、男性)は、介護付の有料老人ホームに入居している。10年前まで会社を経営していた。プロ野球や世界経済に興味があり、友人とインターネットを用いて交流するのを楽しみにしている。Parkinson〈パーキンソン〉病で、現在Hoehn-Yahr〈ホーエン・ヤール〉の重症度分類でステージⅡ。両側の上下肢の静止振戦や動作緩慢がみられる。食事は自分の居室に運んでもらって食べている。身の回りのことは1人でできる。1人での外出も可能だが、転倒に対する恐怖が強いため1日中室内で過ごしている。Aさんの障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準のランクはどれか

①ランクA

②ランクB

③ランクC

④ランクJ

看護師国家試験 第106回午後

92)Aさんは「最近、尿が出始めるまでに時間がかかるので、排尿時は自分で下腹部を押しています。尿がすっきり出ません」と言う泌尿器科を受診したところ、Parkinson〈パーキンソン〉病による自律神経障害と診断された。Aさんの現在の状況から最も考えられるのはどれか

①残尿がある

②膀胱が萎縮している

③蓄尿障害が生じている

④骨盤底筋群の筋力が低下している

看護師国家試験 第106回午後

93) 有料老人ホームの看護師はAさんに病気の進行を予防するために運動を勧めたが、Aさんは「この病気は進行性だからいつかは動けなくなる。今、転ぶと骨折して動けなくなるかもしれないだから運動するのは嫌だ」と言う。AさんはParkinson〈パーキンソン〉病に関する情報を入手しており、病状の理解ができている。薬物は自己管理できている。かかりつけ医に自分から病状の説明を求めることもある。Aさんの転倒の不安を軽減するために看護師とAさんが一緒に実施することで、最も適切なのはどれか

①車椅子で外出する

②転倒予防教室への参加を検討する

③廃用症候群(disuse syndrome)に関する情報を収集する

④運動の効果と転倒のリスクとを比較する

②④

看護師国家試験 第106回午後

94) 次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(79歳、女性)自宅の玄関で転倒し、救急外来で第12胸椎の圧迫骨折と診断され、安静目的で入院した。既往歴:5年前に大腿骨骨折。現病歴:2年前にAlzheimer〈アルツハイマー〉病(Alzheimer disease)を発症。記憶障害があるが、失認、観念運動失行および失語はなし。生活歴:要介護1。同じ敷地内に住む長男夫婦は仕事をしている。ADLは自立。入院当日、Aさんは看護師に「ここはどこですか」と同じ質問を繰り返している。このときの看護で最も適切なのはどれか

①体幹を抑制する

②家族に夜間の付き添いを依頼する

③ナースステーションにベッドを移動する

④骨折で入院していることを繰り返し伝える

看護師国家試験 第106回午後

95)入院後8日、理学療法室での訓練が始まった。Aさんはこわばった表情で訓練を受けていた。Aさんは、以前は通所リハビリテーションを利用していたが、人が多い場で落ち着かなくなることがあり、入院前には小規模多機能型居宅介護事業所を利用していたことが家族からの情報で分かった。翌日、理学療法士が「理学療法室に行きましょう」と病室に迎えに来たところ、Aさんは「行きたくない」と嫌がった。このときのAさんに対する看護で最も適切なのはどれか

①看護師が理学療法室まで付き添う

②病棟でのリハビリテーションを提案する

③Aさんに再転倒を予防する必要性を説明する

④小規模多機能型居宅介護事業所の利用を勧める

看護師国家試験 第106回午後

96)入院後3週、Aさんはコルセットを装着し、杖を使ってゆっくり歩けるようになった翌週には自宅へ退院することが決まった。Aさんの退院に向けて、Aさんと長男夫婦への指導内容で適切なのはどれか

①自宅ではコルセットを外してよい

②家の中での日常生活行動を積極的に行う

③5,000歩程度のウォーキングを毎日行う

④ビタミンB1の多い食品を積極的に摂取する

看護師国家試験 第106回午後

97) 次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aちゃん(11歳、女児)。眼瞼浮腫がみられたため、眼科を受診し治療を受けたが改善しなかった。その後、Aちゃんと母親が下腿の浮腫に気付き眼科の医師に相談したところ、特発性ネフローゼ症候群を疑われたため、小児科のある病院を紹介され受診した。看護師が収集すべきAちゃんの情報で優先度が高いのはどれか

①食欲

②家族歴

③手術歴

④海外渡航歴

⑤初経の発来の有無

看護師国家試験 第106回午後

98) Aちゃんは排尿回数が減少し、全身に浮腫が認められた。血圧は110/68mmHgであった。尿検査を行い、尿蛋白4+であった。血液検査は、アルブミン1.3g/dL、総コレステロール350mg/dL、クレアチニン0.4mg/dL、Na130mEq/L、K4.5mEq/Lであった。特発性ネフローゼ症候群と診断され入院した。Aちゃんが摂取を制限する必要があるのはどれか

①ナトリウム

②カリウム

③蛋白質

④水分

⑤リン

看護師国家試験 第106回午後

99)Aちゃんは、ステロイド治療の開始後10日で尿蛋白が陰性となり、浮腫等の症状が改善した。入院後3週、ステロイド薬の副作用(有害事象)として、満月様顔貌が出現している。他に明らかな副作用(有害事象)は出現していない。ステロイド薬の内服を続けながら退院することになった。Aちゃんの退院後の生活について指導する内容で適切なのはどれか

①日光を避ける

②体重の測定は毎日行う

③1か月は学校を欠席する

④入浴ではなくシャワー浴とする

⑤満月様顔貌が気になる場合もステロイド薬の内服を続ける

第106回 看護師国家試験へ戻る

あすぶたの過去問ノック!第106回看護師国家試験ページへ戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!