第107回看護国試

【2022年最新版】第107回看護師国家試験午後②

平成30年2月18日(日)に実施された第107回看護師国家試験

厚生労働省ホームページ(第105回保健師国家試験、第102回助産師国家試験、第107回看護師国家試験の問題および正答について)を参考に編集・作成

看護師国家試験 第107回の午後61~70

看護師国家試験 第107回午後

61)精神科デイケアの目的で最も適切なのはどれか

①陽性症状を鎮静化する

②家族の疾病理解を深める

③単身で生活できるようにする

④対人関係能力の向上を目指す

看護師国家試験 第107回午後

62)健康保険法による訪問看護サービスで正しいのはどれか

①サービス対象は75歳以上である

②訪問看護師が訪問看護計画を立案する

③要介護状態区分に応じて区分支給限度基準額が定められている

④利用者の居宅までの訪問看護師の交通費は、診療報酬に含まれる

看護師国家試験 第107回午後

63)Aさん(75歳、男性)1人暮らし。慢性閉塞性肺疾患〈COPD〉のため、2年前から在宅酸素療法を開始し、週に2回の訪問看護を利用している。訪問看護師はAさんから「最近、洗濯物を干すときに息が苦しくて疲れるが、自分でできることは続けたい」と相談された。Aさんの労作時の息苦しさを緩和する方法について、訪問看護師が行う指導で適切なのはどれか

①労作時は酸素流量を増やす

②呼吸は呼気より吸気を長くする

③動作に合わせて短速呼吸をする

④腕を上げるときは息を吐きながら行う

看護師国家試験 第107回午後

64)Aさん(80歳、男性)は、20年前に大腸癌でストーマを造設し、現在週1回の訪問看護を利用している。訪問看護師は、訪問時にAさんから「2日前から腹痛がある」と相談を受けた。Aさんのバイタルサインは、体温36.4℃、呼吸数24/分、脈拍84/分、血圧138/60mmHgである。訪問看護師がAさんの腹痛をアセスメントするための情報で最も優先度が高いのはどれか

①排便の有無

②身体活動量

③食物の摂取状況

④ストーマ周囲の皮膚の状態

看護師国家試験 第107回午後

65)Aさん(70歳、男性)。1人暮らし。脳出血の手術後、回復期リハビリテーション病棟に入院中である。神経因性膀胱のため、膀胱留置カテーテルを挿入している。要介護2で、退院後は看護小規模多機能型居宅介護を利用する予定である。退院後にAさんが行う膀胱留置カテーテルの管理で適切なのはどれか

①蓄尿バッグに遮光カバーをかぶせる

②カテーテルは大腿の内側に固定する

③外出前に蓄尿バッグの尿を廃棄する

④カテーテルと蓄尿バッグの接続は外さない

看護師国家試験 第107回午後

66)A病院の組織図を図に示す。医療安全管理を担う部門が、組織横断的な活動をするのに適切な位置はどれか

①1.

②2.

③3.

④4.

看護師国家試験 第107回午後

67)高速道路で衝突事故が発生し、20人が受傷した。A病院は、5人の重症患者を受け入れ、あわただしい雰囲気となっている。医療を安全かつ円滑に行うために、救急外来のリーダー看護師に求められる役割として誤っているのはどれか

①チームで患者情報を共有する

②スタッフの役割分担を明確にする

③患者誤認が生じないように注意喚起する

④電話による安否の問い合わせに回答する

看護師国家試験 第107回午後

68)紙カルテと比較したときの電子カルテの特徴として正しいのはどれか

①データ集計が困難である

②診療録の保存期間が短い

③多職種間の情報共有が容易になる

④個人情報漏えいの危険性がなくなる

看護師国家試験 第107回午後

69)医療機関に勤務する看護師のうち、特殊健康診断の対象となるのはどれか

①内視鏡室で勤務する看護師

②精神科病棟で勤務する看護師

③血管造影室で勤務する看護師

④一般病棟で勤務する夜勤専従の看護師

看護師国家試験 第107回午後

70)神経伝達物質と効果器の組合せで正しいのはどれか

①γ-アミノ酪酸〈GABA〉— 気管

②アセチルコリン — 瞳孔散大筋

③アドレナリン — 血管

④セロトニン — 心筋

⑤ドパミン — 汗腺

看護師国家試験 第107回の午後71~80

看護師国家試験 第107回午後

71)無対の静脈はどれか

①鎖骨下静脈

②総腸骨静脈

③内頸静脈

④腕頭静脈

⑤門脈

看護師国家試験 第107回午後

72)血液中の濃度の変化が膠質浸透圧に影響を与えるのはどれか

①血小板

②赤血球

③アルブミン

④グルコース

⑤ナトリウムイオン

看護師国家試験 第107回午後

73)院内感染の観点から、多剤耐性に注意すべきなのはどれか

①ジフテリア菌

②破傷風菌

③百日咳菌

④コレラ菌

⑤緑膿菌

看護師国家試験 第107回午後

74)過換気でみられるのはどれか

①骨格筋の弛緩

②血中酸素分圧の低下

③体循環系の血管の収縮

④代謝性アルカローシス

⑤血中二酸化炭素分圧の上昇

看護師国家試験 第107回午後

75)乳癌の検査で侵襲性が高いのはどれか

①触診

②細胞診

③MRI検査

④超音波検査

⑤マンモグラフィ

看護師国家試験 第107回午後

76)感染症と保健所への届出期間の組合せで正しいのはどれか

①結核 — 診断後7日以内

②梅毒 — 診断後直ちに

③E型肝炎 — 診断後直ちに

④腸管出血性大腸菌感染症 — 診断後7日以内

⑤後天性免疫不全症候群〈AIDS〉 — 診断後直ちに

看護師国家試験 第107回午後

77)平成24年(2012年)の医療法の改正によって、医療計画には①疾病・②事業及び在宅医療の医療体制に関する事項を定めることとされている。①と②に入る数字の組合せで正しいのはどれか

① 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

② 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

看護師国家試験 第107回午後

78)筋骨格系の加齢に伴う変化が発症の一因となるのはどれか

①肺結核

②骨盤臓器脱

③前立腺肥大症

④加齢黄斑変性

⑤慢性閉塞性肺疾患〈COPD〉

看護師国家試験 第107回午後

79)平成25年度(2013年度)の「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」における養介護施設従事者等による虐待で最も多いのはどれか

①性的虐待

②介護等放棄

③身体的虐待

④心理的虐待

⑤経済的虐待

看護師国家試験 第107回午後

80)Aさん(66歳、女性)は、4年前に前頭側頭型認知症と診断され、介護老人福祉施設に入所している時々、隣の席の人のおやつを食べるため、トラブルになることがある。この状況で考えられるAさんの症状はどれか

①脱抑制

②記憶障害

③常同行動

④自発性の低下

⑤物盗られ妄想

看護師国家試験 第107回の午後81~90

看護師国家試験 第107回午後

81)社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、介護福祉士が一定の条件を満たす場合に行うことができる医療行為はどれか

①摘便

②創処置

③血糖測定

④喀痰吸引

⑤インスリン注射

看護師国家試験 第107回午後

82)精神障害者のリカバリ〈回復〉について正しいのはどれか

①ストレングスモデルが適用される

②目標に向かう直線的な過程である

③精神疾患が寛解した時点から始まる

④精神障害者が1人で達成を目指すものである

⑤精神障害者が病識を獲得するまでの過程である

看護師国家試験 第107回午後

83)健常な成人の心臓について、右心室と左心室で等しいのはどれか

①単位時間当たりの収縮の回数

②拡張時の内圧

③収縮時の内圧

④心室壁の厚さ

⑤1回拍出量

①⑤

看護師国家試験 第107回午後

84)難病の患者に対する医療等に関する法律〈難病法〉において国が行うとされているのはどれか

①申請に基づく特定医療費の支給

②難病の治療方法に関する調査及び研究の推進

③指定難病に係る医療を実施する医療機関の指定

④支給認定の申請に添付する診断書を作成する医師の指定

⑤難病に関する施策の総合的な推進のための基本的な方針の策定

②⑤

看護師国家試験 第107回午後

85)急性期の患者の特徴で適切なのはどれか

①症状の変化が乏しい

②エネルギー消費量が少ない

③身体の恒常性が崩れやすい

④生命の危機状態になりやすい

⑤セルフマネジメントが必要となる

③④

看護師国家試験 第107回午後

86)甲状腺ホルモンの分泌が亢進した状態の身体所見について正しいのはどれか

①徐脈

②便秘

③眼球突出

④皮膚乾燥

⑤手指振戦

③⑤

看護師国家試験 第107回午後

87)下部尿路症状のうち蓄尿症状はどれか

①尿失禁

②残尿感

③腹圧排尿

④尿線途絶

⑤尿意切迫感

①⑤

看護師国家試験 第107回午後

88)妊娠の成立の機序で正しいのはどれか

①原始卵胞から卵子が排出される

②排卵後の卵子は卵管采によって卵管に取り込まれる

③受精は精子と卵子との融合である

④受精卵は子宮内で2細胞期になる

⑤着床は排卵後3日目に起こる

②③

看護師国家試験 第107回午後

89)Aさん(65歳、女性)は、5年前に乳癌の左胸筋温存乳房切除術と左腋窩リンパ節郭清術を受けた。1年前に大腿骨転移のため日常生活動作〈ADL〉に一部介助が必要となり、訪問看護を利用し在宅で療養している。Aさんの左上腕内側の皮膚をつまむと健側より厚みがある。訪問看護師がAさんに指導する左上腕のケア方法で正しいのはどれか

①指圧する

②皮膚の露出は少なくする

③保湿クリームを塗布する

④ナイロン製タオルで洗う

⑤アルカリ性石けんで洗浄する

②③

看護師国家試験 第107回午後

90)出生体重3,200gの新生児日齢3の体重は3,100gである。このときの体重減少率を求めよ。ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第2位を四捨五入すること。解答: ①.②%

① 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

② 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

③①

看護師国家試験 第107回の午後91~102

看護師国家試験 第107回午後

91)次の文を読み91~93の問いに答えよ。Aさん(62歳、男性)1人暮らし。1週前から感冒様症状があり様子をみていたが、呼吸困難と咳嗽が増強したため外来を受診した。胸部エックス線写真と胸部CTによって特発性肺線維症による間質性肺炎と診断され入院した。既往歴:42歳で糖尿病と診断された。59歳と61歳で肺炎に罹患した。生活歴:3年前から禁煙している(20~59歳は20本/日)。身体所見:BMI17.6体温38.8 ℃、呼吸数30/分、脈拍112/分、血圧140/98mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉91%。両側下肺野を中心に、吸気終末時に捻髪音あり呼気時は問題ないが、吸気時に深く息が吸えないばち状指を認める。検査所見:血液検査データは、白血球13,000/μL、Hb10.5g/dL、総蛋白5.2g/dL、アルブミン2.5g/dL、随時血糖85mg/dL、CRP13.2mg/dL動脈血液ガス分析で、pH7.35、動脈血二酸化炭素分圧〈PaCO2〉38Torr、動脈血酸素分圧〈PaO2〉56Torr。胸部エックス線写真と胸部CTで、下肺野を中心に輪状影、網状影、淡い陰影あり。入院時のAさんの身体状況のアセスメントで適切なのはどれか

①水様性の気道分泌物が貯留している

②呼吸性アシドーシスである

③栄養状態は良好である

④I型呼吸不全である

看護師国家試験 第107回午後

92)Aさんは入院後に呼吸機能検査を受けることになった換気障害の分類を図に示す。Aさんの呼吸機能検査の結果で考えられるのはどれか

①A

②B

③C

④D

看護師国家試験 第107回午後

93)入院後18日Aさんは2日後に自宅へ退院することとなった。Aさんは「病院に来る前は、息苦しくて死ぬかと思った。あのような思いはもうしたくない。家に帰ってまた息苦しくならないか不安だ」と言う。Aさんが症状を自己管理できるように指導する内容で適切なのはどれか

①習慣的に腹式呼吸をする

②入浴時は肩まで湯に浸かる

③動作時は前傾姿勢を保持する

④息苦しくなったら仰臥位を保持する

看護師国家試験 第107回午後

94)次の文を読み94~96の問いに答えよ。Aさん(52歳、女性)自宅で突然激しい頭痛と悪心が出現し、自力で救急車を要請し、搬送された。ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉I-2で頭痛を訴えており、発汗著明であった。瞳孔径は両側3.0mm。上下肢の麻痺はない。Aさんは頭部CTでくも膜下出血と診断され、ICUに入室した。入室時のバイタルサインは、体温36.8℃、呼吸数24/分、脈拍92/分、血圧156/98mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉95%であった。ICU入室から24時間以内に注意すべきAさんの症状や徴候はどれか

①クスマウル呼吸

②膝蓋腱反射の低下

③企図振戦

④瞳孔散大

看護師国家試験 第107回午後

95)Aさんは脳血管造影で右中大脳動脈に動脈瘤が確認され、脳血管内治療が実施された。その後、Aさんは意識清明で問題なく経過していたが、手術後6日から刺激に対する反応が鈍くなり、閉眼していることが多くなった。意識レベルはジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉II-10。左上肢はBarré〈バレー〉徴候陽性を示した。Aさんに生じていることとして最も考えられるのはどれか

①けいれん発作

②脳血管攣縮

③せん妄

④再出血

⑤水頭症

看護師国家試験 第107回午後

96)手術後14日、頭部CTで右大脳半球に小範囲の脳梗塞が認められた。Aさんは、左上肢の挙上はできるが維持が困難であり、左膝の屈曲はできるが左下肢の挙上は困難である。意識は清明であるが、Aさんは左片麻痺があるため動こうとしない。Aさんへの看護で最も適切なのはどれか

①日常生活動作<ADL>の自立度をアセスメントする

②歩行訓練のときは杖の使用を勧める

③左上肢の筋力増強運動を指導する

④車椅子への移乗は全介助で行う

看護師国家試験 第107回午後

97)次の文を読み97~99の問いに答えよ。Aさん(87歳、男性)。3年前にアルツハイマー型認知症と診断された。1年前に妻が亡くなってから1人で暮らしている。日常生活は問題なく送れていたが、最近Aさんは薬を飲み忘れることが増えてきたり、電話の応対ができなかったりすることがあり、日常生活に支障が出るようになった。Aさんの状態に該当する認知症高齢者の日常生活自立度判定基準のランクはどれか

①ランクⅡa

②ランクⅡb

③ランクⅢa

④ランクⅢb

⑤ランクM

看護師国家試験 第107回午後

98)その後、Aさんは、コンロの火を消し忘れることや、買い物に行って自宅に戻れないことが何度もあり、在宅での生活が困難になったため、介護老人福祉施設に入所した。Aさんは自分の思い通りにならないときに、大声を出して暴れることがあった。時折落ち着かない様子で施設内を徘徊することがあったが、看護師が話しかけると、立ち止まり「散歩しています」と笑顔で話していた。ある日、Aさんがエレベーター前に1人で立っていたため、看護師がどこへ行くのか尋ねると、Aさんは「家に帰ります」と言った。このときの看護師の対応として最も適切なのはどれか

①「一緒に出かけましょう」としばらく周囲を歩く

②「トイレに行きましょう」とトイレに誘導する

③「転んだら危ないですよ」と車椅子に誘導する

④「入所中なので家には帰れません」と説明する

看護師国家試験 第107回午後

99)普段は入浴を楽しみにしていたAさんが、1週前に浴室で誤って冷たい水をかぶってしまい、それ以来「お風呂に入ると寒いから嫌だ」と言って、入浴を拒否するようになった。この日も「お風呂は寒い」と言って入浴を拒否している。看護師が浴室と脱衣室の室温を確認すると26℃~28℃にあたためられていた。また、施設内の温度は一定に設定されており、浴室から部屋まで移動する間も寒さを感じることはなかった。Aさんへの対応として適切なのはどれか

①入浴の必要性を説明する

②特殊浴槽での入浴を勧める

③一緒に湯の温度を確認する

④今日は入浴しなくてよいと伝える

看護師国家試験 第107回午後

100)次の文を読み100~102の問いに答えよ。A君(14歳、男子)は、夏休みのサッカー部の部活動で、朝10時から12時まで屋外で練習した。昼食時におにぎり2個とお茶を500mL摂取し、休憩後の13時から15時まで再び練習した。この日は晴天で、外気温は32℃であった。15分休憩し練習を再開したところ、A君は突然頭痛と悪心とを訴え、グラウンドの隅に座り込んだ。サッカー部担当のB教諭が、A君を日陰で横にして休ませ様子をみていたが、症状が改善せず、顔面蒼白、冷汗が出現した。A君は「気持ち悪い」と言った後に嘔吐した。B教諭が病院に電話連絡したところ、熱中症の疑いがあるため、A君をタクシーで病院に連れて行くこととなった。このときのA君の意識は清明で、体温は38.7℃であった。病院到着までに、看護師がB教諭に指示する処置として適切なのはどれか

①A君の体を冷やす

②A君に水を飲ませる

③A君の上体を高くする

④中枢から末梢に向けてA君の手足をマッサージする

看護師国家試験 第107回午後

101)B教諭に付き添われて、A君は病院に到着した来院時、A君のバイタルサインは、体温38.5℃、呼吸数26/分、脈拍128/分、血圧90/48mmHg であった。口唇粘膜は乾燥し、皮膚をつまむとゆっくり戻る状態であった。血液検査データは、赤血球580万/μL、白血球12,500/μL、Hb16.8g/dL、Na152mEq/L、K4.0mEq/L、Cl109mEq/L、クレアチニン0.9mg/dLであった。尿比重1.035。受診時の身長165cm、体重57kg(発症前60kg)。A君の状態に対するアセスメントとして適切なのはどれか

①貧血である

②低カリウム血症である

③高ナトリウム血症である

④循環血液量が増加している

⑤ツルゴール反応は正常である

看護師国家試験 第107回午後

102)A君は熱中症と診断された。点滴静脈内注射の後、A君の状態は回復し、家族とともに帰宅することとなった。付き添いのB教諭から、今後の部活動における熱中症予防について看護師に相談があった。熱中症予防のための指導内容で適切なのはどれか

①袖口の狭い服の着用を促す

②口渇がなくても水分摂取を促す

③湿度が高いときに部活動をする

④休憩は90分に1回を目安にする

第107回 看護師国家試験へ戻る

あすぶたの過去問ノック!第107回看護師国家試験ページへ戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!