第108回看護国試

【2022年最新版】第108回看護師国家試験午後②

平成31年2月17日(日)に実施された第108回看護師国家試験

厚生労働省ホームページ(第105回保健師国家試験、第102回助産師国家試験、第108回看護師国家試験の問題および正答について)を参考に編集・作成

看護師国家試験 第108回の午後61~70

看護師国家試験 第108回午後

61)知的障害(精神遅滞)の原因となる疾患はどれか

①統合失調症

②フェニルケトン尿症

③アルツハイマー病

④クロイツフェルト・ヤコブ病

看護師国家試験 第108回午後

62)Aさん(24歳、男性)は、昼間の過剰な眠気を主訴に来院した。半年前に居眠り運転で交通事故を起こした。入眠時の幻視や睡眠と覚醒の移行期に体を動かせなくなることがある。また、笑ったり、怒ったりしたときに脱力してしまうこともある。最も考えられる疾患はどれか

①睡眠時遊行症

②ナルコレプシー

③睡眠時無呼吸症候群

④睡眠・覚醒スケジュール障害

看護師国家試験 第108回午後

63)現在の日本の精神医療で正しいのはどれか

①精神保健福祉センターは各市町村に設置されている

②精神病床に入院している患者の疾患別内訳では認知症が最も多い

③精神障害者保健福祉手帳制度によって通院医療費の給付が行われる

④人口当たりの精神病床数は経済協力開発機構<OECD>加盟国の中では最も多い

看護師国家試験 第108回午後

64)Aさん(60歳、女性)は、統合失調症で10年間入院していた。来月退院予定となったため、Aさん、医師、看護師でチームを作り、退院支援計画を立てることになった。Aさんは「両親も亡くなってしまい、これからの生活費や住む場所がとても心配だ」と訴えてきた。退院支援を進めるにあたり、チームに加わるメンバーで最も適切なのはどれか

①薬剤師

②精神保健福祉士

③ピアサポーター

④臨床心理技術者(臨床心理士・公認心理師等)

看護師国家試験 第108回午後

65)訪問看護制度で正しいのはどれか

①管理栄養士による訪問は保険請求できる

②精神科訪問看護は医療保険から給付される

③医療処置がなければ訪問看護指示書は不要である

④訪問看護事業所の開設には常勤換算で3人以上の看護職員が必要である

看護師国家試験 第108回午後

66)Aさん(85歳、女性)は、1人暮らし。日常生活は自立しており、健康のために毎日20〜30分のウォーキングをしている。夜間は、廊下を歩いて1、2回トイレに行く。Aさんの現時点での家屋環境の整備で最も優先されるのはどれか

①便座の高さを高くする

②廊下に手すりを設置する

③トイレの扉を引き戸にする

④廊下に足元照明を設置する

看護師国家試験 第108回午後

67)Aさん(52歳、男性、独身)は、銀行員切除不能の大腸癌と診断され、外来で抗癌薬の点滴静脈内注射を受けることになった。Aさんは「治療を受けながら仕事を続けたいのですが、どうすれば良いか教えてください」と外来看護師に相談した。外来看護師が行うAさんへの助言で最も適切なのはどれか

①「所属部署の変更を上司に申し出ましょう」

②「副作用が出てから対応を考えましょう」

③「会社の健康管理部門に相談しましょう」

④「有給休暇を使って治療を受けましょう」

看護師国家試験 第108回午後

68)家族からネグレクトを受けている高齢者について、地域包括支援センターに通報があった。この通報を受けた地域包括支援センターが行う業務はどれか

①権利擁護

②総合相談支援

③介護予防ケアマネジメント

④包括的・継続的ケアマネジメント支援

看護師国家試験 第108回午後

69)病院では、育児中の時短勤務、夜勤専従、非常勤など多様な労働時間や雇用形態の看護師が働いている。看護管理者が行うマネジメントで最も優先するのはどれか

①夜勤専従の看護師の休暇を増やす

②育児中の看護師の院内研修を免除する

③非常勤看護師は患者の受け持ちを免除する

④特定の看護師に仕事が集中しないよう調整する

看護師国家試験 第108回午後

70)診療情報の取り扱いで適切なのはどれか

①診療情報の開示請求は患者本人に限られる

②医療者は患者が情報提供を受けることを拒んでも説明する

③2類感染症の届出は患者本人の同意を得なければならない

④他院へのセカンドオピニオンを希望する患者に診療情報を提供する

看護師国家試験 第108回の午後71~80

看護師国家試験 第108回午後

71)医療法における病院の医療安全管理体制で正しいのはどれか

①医療安全管理のために必要な研修を2年に1回行わなければならない

②医療安全管理のための指針を整備しなければならない

③特定機能病院の医療安全管理者は兼任でよい

④医薬品安全管理責任者の配置は義務ではない

看護師国家試験 第108回午後

72)看護師等の人材確保の促進に関する法律における離職等の届出で適切なのはどれか

①届出は義務である

②届出先は保健所である

③離職を予定する場合に事前に届け出なければならない

④免許取得後すぐに就職しない場合は届け出るよう努める

看護師国家試験 第108回午後

73)国際社会が抱えるヘルスケアを含む課題に対して、すべての国に適用される普遍的(ユニバーサル)な目標で、2015年の国連サミットで採択されたのはどれか

①ヘルスフォーオール21(HealthForAllinthe21stcentury:HFA21)

②ミレニアム開発目標(MillenniumDevelopmentGoals:MDGs)

③持続可能な開発目標(SustainableDevelopmentGoals:SDGs)

④国連開発目標(InternationalDevelopmentGoals:IDGs)

看護師国家試験 第108回午後

74)採血の際、血液が凝固するのを防ぐために試験管にクエン酸の結晶を入れておくことがある。クエン酸によって血液から除かれるのはどれか

①トロンビン

②プラスミン

③カルシウムイオン

④ナトリウムイオン

⑤フィブリノーゲン

看護師国家試験 第108回午後

75)胃底腺の主細胞の分泌物に由来するタンパク分解酵素はどれか

①アミラーゼ

②キモトリプシン

③トリプシン

④ペプシン

⑤リパーゼ

看護師国家試験 第108回午後

76)成人で、骨髄が脂肪組織になっているのはどれか

①寛骨

②胸骨

③大腿骨の骨幹

④椎骨の椎体

⑤肋骨

看護師国家試験 第108回午後

77)臓器と産生されるホルモンの組合せで正しいのはどれか

①膵臓—グルカゴン

②副腎—プロラクチン

③腎臓—アルドステロン

④脳下垂体—インクレチン

⑤視床下部—テストステロン

看護師国家試験 第108回午後

78)抗甲状腺薬の副作用(有害事象)で正しいのはどれか

①頻脈

②肝障害

③低血糖

④不整脈

⑤眼球突出

看護師国家試験 第108回午後

79)Barthel<バーセル>インデックスで評価するのはどれか

①栄養状態

②疼痛の強さ

③褥瘡の深さ

④日常生活動作

⑤呼吸困難の程度

看護師国家試験 第108回午後

80)急性心筋梗塞患者の合併症を早期に発見するための徴候で正しいのはどれか

①皮疹の出現

②頻脈の出現

③時間尿の増加

④腹壁静脈の怒張

⑤うっ血乳頭の出現

看護師国家試験 第108回の午後81~90

看護師国家試験 第108回午後

81)アルツハイマー型認知症の患者にみられる実行機能障害はどれか

①シャツを前後反対に着る

②調理の手順がわからなくなる

③物音がすると食事を中断する

④鏡に映った自分の姿に話しかける

⑤歯ブラシで髪の毛をとかそうとする

看護師国家試験 第108回午後

82)副交感神経を含む脳神経はどれか

①嗅神経

②視神経

③動眼神経

④三叉神経

⑤迷走神経

③⑤

看護師国家試験 第108回午後

83)糖尿病性腎症の食事療法で制限するのはどれか

①脂質

②塩分

③蛋白質

④炭水化物

⑤ビタミン

②③

看護師国家試験 第108回午後

84)アナフィラキシーショックで正しいのはどれか

①徐脈になる

②重症例では死に至る

③気道粘膜の浮腫を生じる

④Ⅲ型アレルギー反応である

⑤副腎皮質ステロイドは禁忌である

②③

看護師国家試験 第108回午後

85)前立腺肥大症で正しいのはどれか

①進行すると水腎症となる

②外科治療は経尿道的前立腺切除術を行う

③直腸診で石の様な硬さの前立腺を触知する

④前立腺を縮小させるために男性ホルモン薬を用いる

⑤前立腺特異抗原(PSA)値が100ng/mL以上となる

①②

看護師国家試験 第108回午後

86)感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)に基づく五類感染症はどれか

①後天性免疫不全症候群(AIDS)

②腸管出血性大腸菌感染症

③つつが虫病

④日本脳炎

⑤梅毒

①⑤

看護師国家試験 第108回午後

87)感覚性失語のある成人患者とのコミュニケーションで適切なのはどれか

①短文で話しかける

②身振りを加えて話す

③多くの話題を提供する

④耳元に近づき大きな声で話す

⑤開かれた質問を用いる

①②

看護師国家試験 第108回午後

88)交通事故によって脊髄損傷で入院した下肢に麻痺のある成人患者。職場復帰に向けて、看護師が患者に説明する内容で適切なのはどれか

①自己導尿は自宅で行う

②仕事中は飲水を制限する

③車椅子には体圧分散マットを使用する

④残業する場合の休憩時間は不要である

⑤職場の担当者に自分の病気について伝える

③⑤

看護師国家試験 第108回午後

89)人工肛門を造設した患者へのストーマケアの指導内容で適切なのはどれか

①装具の交換は便が漏れない限り不要である

②装具をはがした時は皮膚保護材の溶解の程度を観察する

③洗浄後のストーマはドライヤーで乾かす

④装具の穴はストーマと同じ大きさにする

⑤装具を貼る時は腹壁のしわを伸ばす

②⑤

看護師国家試験 第108回午後

90)妊娠36週の妊婦にNSTを行うため、分娩監視装置を装着することになった。妊婦への説明で正しいのはどれか

①「胎児の健康状態を判定します」

②「所要時間は10分です」

③「排尿を済ませて下さい」

④「仰向けで行います」

⑤「固定用ベルトを1本使用します」

①③

看護師国家試験 第108回の午後91~99

看護師国家試験 第108回午後

91)次の文を読み91、92、93の問いに答えよ。Aさん(52歳、男性)は、5年前にC型肝炎、肝硬変と診断され、1回の入院歴がある。退院後、医療機関への受診を中断し3年が経過している。毎日、ウイスキーを約300mL飲んでいる。夕食の2時間後に約1,100mLの吐血があり、緊急入院となった。身体所見:体温35.4℃、呼吸数26/分、脈拍122/分、血圧86/42mmHg、顔面は蒼白、冷汗を認める。意識は清明だが不安げな表情をしている。検査所見:赤血球278万/μL、Hb8.4g/dL、総ビリルビン4.1mg/dL、アンモニア188μg/dL、K3.9mEq/L、血糖102mg/dL。入院時のAさんの状態として考えられるのはどれか

①急性アルコール中毒

②食道静脈瘤破裂

③迷走神経反射

④低血糖発作

看護師国家試験 第108回午後

92)入院から4日が経過し、Aさんは医師から「C型肝炎、肝硬変の患者は肝細胞癌を発症することがある」と説明を受けた。Aさんはスクリーニングの目的で、肝臓から骨盤内臓器までの範囲で腹部超音波検査を受けることになった。検査前日に看護師が行う説明で正しいのはどれか

①「検査直前に排尿を済ませてください」

②「おならは検査が終わるまで我慢してください」

③「造影剤のアレルギーがあれば教えてください」

④「検査当日は、起床時から飲食物を摂取しないでください」

看護師国家試験 第108回午後

93)検査の結果、C型肝炎に対し抗ウイルス療法が開始され、退院後は定期的に外来通院することになった。退院に向けたAさんへの食事指導で適切なのはどれか

①禁酒する

②食物繊維を控える

③高蛋白食を摂取する

④カリウム制限をする

⑤熱い食べものを避ける

①⑤

看護師国家試験 第108回午後

94)次の文を読み94、95、96の問いに答えよ。Aさん(58歳、男性、会社員)は、妻(55歳)と2人暮らし。5年前から高血圧症、脂質異常症を指摘され、降圧薬を内服していた。自宅で左半身に脱力感が出現し、救急車で搬送された。救急外来でCT及びMRI検査を行った結果、右中大脳動脈領域に脳梗塞の所見が認められた入院時は、グラスゴー・コーマ・スケールE3V4M5、体温36.8℃、呼吸数16/分、脈拍66/分(不整)、血圧160/85mmHg、HbA1c5.8%、心電図ではRR間隔は不定で心拍数100/分であった。入院後、血栓溶解療法を受け、2日後からリハビリテーションが開始された。1週後には回復期リハビリテーション病棟へ転棟した。Aさんの脳梗塞の原因で考えられるのはどれか

①糖尿病

②胃潰瘍

③高血圧症

④心房細動

⑤心房粗動

③④

看護師国家試験 第108回午後

95)入院から3週が経過し、リハビリテーションによって日常生活動作は改善しているが、夜間は眠れず、食欲も低下している。Aさんは「なかなか良くならない何もできなくなってしまった」と話している。現在のAさんへの声かけで、最も適切なのはどれか

①「時間が経てば良くなりますよ」

②「リハビリをがんばりましょう」

③「同じ病気の患者さんをご紹介しますね」

④「なかなか良くならないと感じているのですね」

看護師国家試験 第108回午後

96)転棟から6週が経過し、退院に向けて多職種チームでカンファレンスを開催することになった。Aさんは、外来でのリハビリテーションを継続しながら元の職場への復帰を希望している。Aさんの退院前のカンファレンスで適切なのはどれか

①チームリーダーの職種は医師である

②カンファレンスにAさんの妻の参加は不要である

③Aさんのリハビリテーションの目標は医師が決定する

④Aさんのリハビリテーションの内容はチームで評価する

看護師国家試験 第108回午後

97)次の文を読み97、98、99の問いに答えよ。Aさん(82歳、女性)は、アルツハイマー型認知症で、認知症高齢者の日常生活自立度判定基準Ⅱb、要介護1である。息子と2人暮らしであったが、1年前から認知症対応型共同生活介護<認知症高齢者グループホーム>に入所している。息子は仕事が忙しいため、2か月に1回面会に来所する。Aさんは2日前から活気がなくなり、食事量も減少した本日、発熱や下痢を主訴に介護職員に付き添われて外来を受診した。外来の看護師が介護職員に普段の健康状態の把握の方法を尋ねると、1日1回の体温と血圧の測定、月1回の体重測定、レクリエーションへの参加の様子を確認しているという回答を得た。Aさんは、看護師の簡単な質問に答えることができる。身体所見:体温37.0℃、呼吸数24/分、脈拍72/分、血圧132/82mmHg、呼吸音は異常なし。水様便が3回/日、濃縮尿、手指の冷感あり、顔色は不良皮膚の乾燥あり。体重45.8kg。検査所見:Ht40%,白血球9,800/μL,尿素窒素25mg/dL,Na150mEq/L,尿比重1.030。外来の看護師が介護職員から追加で収集するAさんの情報で、最も優先するのはどれか

①過去1週間の体温の変動

②昨日の睡眠状態

③全身の皮膚状態

④入所時の体重

看護師国家試験 第108回午後

98)Aさんは入院し、点滴静脈内注射が開始された。Aさんの顔色は良くなり眠っているため、介護職員は施設に戻った。看護師がAさんの様子を確認するため病室へ行くと、目が覚めた。Aさんは「誰かいないの」と大声を出し、興奮した様子で点滴静脈内注射のラインを外そうとしていた。看護師の対応で適切なのはどれか

①睡眠薬を与薬する

②入院中であることを伝える

③興奮が落ち着くまで身体拘束を行う

④息子に退院まで付き添うよう連絡する

⑤点滴静脈内注射のラインを見えないようにする

②⑤

看護師国家試験 第108回午後

99)入院後3日。Aさんは開始された食事を全量摂取し、活気が出てきた。Aさんは自ら水分を摂ることはなかったが、看護師がお茶を勧めると、少量ずつ摂取している。体重47kg。Aさんの尿の性状は淡黄色で尿臭はなく、血液検査データは改善して基準値となったため、点滴静脈内注射が中止となり、退院が決まった。Aさんが外来受診時と同じ状態を起こさないために、看護師が介護職員に伝える予防策で適切なのはどれか

①室温は30℃に保つ

②8g/日の食塩を摂取する

③カフェインを含む水分を摂取する

④熱の放散を抑制する衣類を選択する

⑤食事を含めて1,300mL/日の水分を摂取する

第108回 看護師国家試験へ戻る

あすぶたの過去問ノック!第108回看護師国家試験ページへ戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!